周りと差がつくデニムシャツの着こなし術

普段のコーディネートに取り入れやすい使い勝手のいいアイテムがデニムシャツ。

さらっと羽織ることでデニムならではのカジュアルさも残して

オトコらしい着こなしに。

一年中使いまわしもできる万能なアイテムですが、

サーフカジュアルがトレンドとなっている今

海っぽさを感じるデニムシャツの着こなしは特に評判が高く、活用したいところです。

httpmens.tasclap.jp

出典:jooy.jp

a468344b9f

出典:jooy.jp

ワイルドな印象を与えてくれるデニムシャツを腕まくりすることで

さらに男らしさをプラスしてくれる。

ホワイトのボトムスと合わせることで、爽やかさを演出すると

大人っぽいまとまりのある着こなしに。

足元はブーツでも、スニーカーでもどちらでもOK。

ホワイトのボトムスと合わせるには濃い目のインディゴが評判も高く、なお良しです。

 

mig

出典:zozo.jp

デニムシャツの着こなしは前ボタンを開けて羽織り感覚、ジャケット感覚での

着こなしもおしゃれに決まります。

キレイめなシャツを前ボタン全開で着用すると少しだらしない印象を与えがちですが

デニムシャツなら文句なしにかっこよく決まります。

ここでのポイントはジャストサイズのシャツでの着こなしが肝です。

出典:wear.jp

出典:wear.jp

大人の方にぜひチャレンジしてほしい着こなしがコレ。

スーツのようなかっちりした着こなしにデニムシャツを合わせたこちらのコーディネート。

あえてカジュアルなデニムシャツをインにすることで、

着こなしが決まりすぎず、少し柔らかい印象を与えてくれます。

普段の白シャツをデニムシャツにすることで、

意外と真似しやすいこちらのデニムシャツのコーディネートはおススメですね。

 

トレンドで注目度の高いデニムシャツですが、

今特に注目度が高いのがヴィンテージの加工や、スタッズなどの加工を施したアイテム。

普通のデニムシャツでは出せない雰囲気をダメージ加工や、装飾によって

唯一無二のカッコよさを作り出します。

その中でも今特に注目度の高い、評判のいいブランドをサイトオーナーが紹介します!

 

nest-store_c

出典:http://shopping.yahoo.co.jp/

<REMI RELIEF(レミレリーフ)>

自然に着古したようなヴィンテージ感漂う加工感と現代におけるリアルなアメリカンベーシックを追い求める<REMI RELIEF(レミレリーフ)>。

オリジナリティあふれるスタッズなどの装飾が男女ともに人気のブランドです。

REMI RELIEF(レミレリーフ)おススメのブランド紹介ページはコチラ↓

REMI RELIEF(レミレリーフ)について

7_36

出典:http://www.joker-ev.jp/

<DIVINER (ディバイナー)>

少しオラついたようなワイルドな雰囲気のあるブランドがDIVINER(ディバイナー)ブランド。

トレンドを押さえたアイテムが豊富にラインナップされており、あの三代目 J Soul Brothers (JSB)のメンバーも着用しているのだとか。

激しめのクラッシュなど、存在感のあるアイテム作りに評判が高くあり、注目のブランドです。

DIVINER (ディバイナー)おススメのブランド紹介ページはコチラ↓

DIVINER (ディバイナー)の評判について

10330572B_131_D_500

出典:http://www.joker-ev.jp/

<nano・universe (ナノ・ユニバース)>

従来のデニムシャツをさらに加工しハンドメイドでダメージ感を作り出したこだわりのシャツ。ほかブランドにはないこだわりを感じるのがこのブランド。

シルエットも抜群で他ブランドには出せないクオリティはさすがです。

トラッドでクラシックな面を併せ持つという
相反する両者のテイストの組み合わせが楽しめる定評のあるおススメブランドです。

nano・universe (ナノ・ユニバース)おススメのブランド紹介ページはコチラ↓

nano・universe (ナノ・ユニバース)について